4年生

名前 専攻語 出身校 段位
今竹良希 アラビア語 昭和学院秀英高校 初段→弐段
小暮昌幸 ペルシア語 県立桐生高校 初段
猪股日菜子 中国語 北海道旭川東高校 弐段
赤岩芙美加 スペイン語 都立竹早高校 弐段
近藤茜 ラオス語 豊島岡高校 参段
長野愛 アラビア語 県立甲南高校 参段→四段
伊藤亜由美 ビルマ語 豊島岡高校 初段
井土川マリナ ドイツ語 頌栄女子学院 無段
沖田和恵 ポルトガル語 広島大学附属福山高校 初段
張山萌恵 インドネシア語 春日丘高校 初段
朴智宇 日本語 桂園芸術高校 初段
Husein Sadiku 留学生 初段

戻る
今竹良希 Imatake Yoshiki

Imatake

「真面目そうな奴がやらかす」

これは外大剣道部で古くから続く伝統であり、要はその代で最も真面目そうな部員が留年してしまうというジンクスである。

筆者の同期・Sはその筆頭であるが、今竹も例外ではない。

彼の場合、まるで文豪のような、いかにも真面目な容姿のため誤解されがちだが、1年の頃からすでに必修を落とすなど、その片鱗を見せていたそうだ。

隠れ系クズというやつである。

そして彼は2年生になり本格的に不登校気味になってしまった。後期からの復活に期待したい。

ただ彼が不登校気味になってしまったのはバイオリズムの問題であり、そもそもの知能は高く、彼の代屈指のポンコツ・N野に勉強を教えるのは部室でよく見られる光景である。

また授業を休んでも稽古には必ず参加する部員の鑑であり、初心者ながらストイックな自主トレに取り組みメキメキと力を伸ばしている。

そんな彼は次期キャプテンになろうとしている。

後期でアラビア語の単位を3単位取らないと彼は留年だが、どうかしっかりと進級した状態でキャプテンになって欲しい。

文武両道、ペンは剣より強し。今竹よ、忘れるな。

剣道歴 高校の授業でほんの少し
趣味 読書
座右の銘 インシャー アッラー
座右の書 はてしない物語
特技 CG
好きな映画 スターウォーズ
好きな音楽 After forever. Nightwish. Cradle of filth
好きなタイプ 思慮深い人
ほしいもの コーラン
ひとこと 体を鍛えます…

 

 

小暮昌幸 Kogure Masayuki

kogure

将来の夢は世界征服、と宣言して早1年。無事に進級した彼は日々、世界征服の一環としてオカルト研究に励んでいる。

彼は「呪いのビデオ」なる怪しげな作品をレンタルしては、自室で恐怖にくれている。時に先輩を巻き込むこともあり、一度筆者も便乗したのだが、終始彼はビビりまくっていた。悲鳴をあげすぎて隣人から(本来の意味の)壁ドンを喰らった程である。

合宿の就寝前に、YouTubeで恐怖動画を観ていたら自分の部屋に帰るのが怖くなり、そのまま筆者達の部屋に泊まっていったこともある。彼のように素直に怖がってくれる消費者がいることは配給会社の大きなモチベーションになるだろう。

さらに筆者の家に泊まりに来た時はマンガの本が棚から落ちただけで腰を抜かし、並んで寝ながら恐怖動画を観ていたら「先輩!離れないでください!」と言って抱きついてきた。

この程度の豆腐メンタルでよく、夢は世界征服などと豪語したものである。

しかし、ビビりな彼も剣道の際には勇ましい声を出して相手に突っ込んでいく。その声は町道場の高段者を彷彿とさせ、「声だけは8段」とまで言われている。これからの試合での活躍を期待したい。

こうして書いてみると、何だかんだ言って筆者は彼のオカルト研究に付き合っているなと実感する。

今から彼に気に入られ、彼が世界征服を成し遂げた際には是非とも副大臣に任命してもらうことにしよう。

 

剣道歴 0年
趣味 最近してませんがジグソーパズル
座右の銘 没我愛
座右の書 ボーボボ、さまよう刃
特技 暇な時間を忙しくすること
好きな映画 the hurt locker
好きな音楽 new song(NARUTO op10)
好きなタイプ このひとだっ!!ってときの直感を感じられたお方
ほしいもの アッラー以上のpower
ひとこと 頑張って男を磨いて世界征服をするべ

 

赤岩芙美加 Akaiwa Humika

Akaiwa

彼女程外見と内面にギャップのあるひとはいない。ぱっと見まず彼女に抱く印象は「都会っ子」である。茶色から赤色、一転して黒色と次々に色が変わる髪の毛、常に耳元で輝いているかわいらしいピアス、何気なく着ているように見せかけて実は全て計算し尽くされた隙のないファッション。そして透き通るような白い肌。東京育ちの実力をまざまざと見せつけられ、全国津々浦々から宇やって着ている他の部員はただただひれ伏すのみである。そして思わざるを得ないのだ、やはり東京には敵わない、と。彼女の本当に恐ろしいところはこれを無自覚のうちに行っていることだ。他の人が、圧倒的都会間に圧倒されている間、彼女はケラケラと笑い、くるくると話題を変えながらよくしゃべり全く気がつかない。多分、今も気がついているまい。ここまで読んで彼女=なんかよく分かんないけどコワそうな人と認定して心のキョリを置こうとしている人がいるなら少し待ってくれと言いたい。人を外見で判断してはいけません。彼女は真の通った強い女性である。
自分の人生、将来に対しての目標がありそこへ向かってまっすぐ努力の出来る人だ。彼女はまた英語の勉強に熱心で、近い将来英語がペラペラになる予定だ。剣道という日本を代表する武道に日々精進し、日本人としてのアイデンティティを磨く一方、英語の勉強にも妥協を許さず国際化していくこの世界でしっかりと生きてゆく準備をしている彼女こそが真の国際人といっても過言ではないだろう。おっと、ここまで読んで彼女=なんかよく分かんないけど完璧すぎてコワそうな人と認定して心のキョリを置こうとしている人がいるなら少し待ってくれと言いたい。一方で彼女は一年生のチョンボ担当として、イベントあるごとに何かしらやらかす人物としても名を馳せている。あまりにやらかし過ぎて上級生の間ではすっかりアホ岩の呼称が定着しつつ・・・今後の汚名返上に期待である。

 

剣道歴 中学3年間
趣味 一人でブラブラ買い物すること
座右の銘 住めば都
座右の書 探し中…..
特技 誰かみつけてください笑
好きな映画 FOOL COOL ROCK!
好きな音楽 ONE OK ROCK
好きなタイプ 失敗や遅刻を気にしないおおらかな人
ほしいもの 睡眠とお金と暇な時間
ひとこと 中学の時とは違うスタイルの剣道を目指したいです。

 

 

猪股日菜子 Inomata Hinako

Inomata

我々剣道部は地球の発展と平和維持に貢献できるよう、文武両道を貫き、日々自己の鍛錬に励んでいる。

何人か単位が危うい部員もいるような気がするが、この際無視しよう。

そして、そんな意識高い集団・剣道部において、ひときわストイックに自らを追い込んでいるのが猪股である。

彼女は入学当初から熱心に中国語を勉強していたが、進級後はさらにレベルアップし、ついにこの夏休みには上海での短期留学を敢行した。

剣道部の3年生には筆者含め3人の中国語専攻がいるが、彼女に比べたら我々の語学力などミジンコのようなものである。

正直、先輩としての立場がなくなるので程々にして欲しい。

ストイックな彼女は勉強に打ち込んでいても身体の鍛錬を欠かさない。

さすがに上海に防具は持って行けなかったが、代わりに彼女が着目したのは中国語の武術・太極拳である。

聞けば彼女は1ヶ月余りの滞在で既に太極拳をマスターし、帰国後は頻繁に太極拳教室を開催しているようだ。

筆者も今度お世話になるとしよう。

このようにハイスペックな彼女は非常に謙虚で、自らの能力をひけらかそうとはしない。性格まで完璧である。

謙虚なあまり口数が少なすぎるような気もしなくはないが、これは性格だから仕方ない。

だから彼女に話しかけてレスポンスが薄くても、冷たくされた訳ではないのでどうか安心して欲しい。

 

剣道歴 6年
趣味 散歩
座右の銘 愛・感謝・努力
座右の書 カエル図鑑
特技 珠算
好きな映画 崖の上のポニョ
好きな音楽 Superfly
好きなタイプ 自己中心的な私に付き合ってくれる人
ほしいもの 悟り
ひとこと これから頑張ります。

 

 

近藤茜 Kondo Akane

buin_kondo

筆者の同期SやI竹が単位を落としたのも、I藤がポンコツなのも、飲み会の度に誰かがベロベロになるのも、全て妖怪のせいである。

今回は剣道部のお酌妖怪・近藤を紹介したい。

まず、彼女の目はキラキラしており、まるで生まれたての子犬のようである。

そんな彼女が純真無垢な笑顔を浮かべお酒を勧めてきたら、少々飲み過ぎてしまうのも無理はない。

ちなみに万が一お酌を断ると、一転して、某CMの有名なチワワのように目をウルウルとさせるので、回避することは非常に困難である。

剣道でも対人関係でも間合いにグイグイと入ることを信条としており、上記の習性も相まってOBのハートをがっちりと掴んできた。クリス・カイルも真っ青な名スナイパーである。

そう、彼女は一部のOBに絶大な人気を誇るのだ。写真は、我らが監督にポテトを「あーん」している瞬間を捉えたものだ。

ちなみに撮影したのは筆者だが、撮影の際、強烈な吐き気に襲われた。この吐き気は妖怪のせいでもアルコールのせいでもなく、監督のにやけ顔のせいである。

彼女自身、20歳になり、お酌するだけではなく、自らもアルコールを嗜むようになった。

OBの先輩方はようやく彼女にお酌ができるようになったと喜び勇んでいることだろう。

化かす立場から化かされる立場になったこの妖怪が、人間界でどのような百鬼夜行を引き起こすか、筆者は楽しみである。

剣道歴 5年
趣味 美味しいものを食べること、読書
座右の銘 努力に勝る天才なし
座右の書 二十億光年の孤独
特技 そのうち見つけます
好きな映画 サマーウォーズ・ジブリ
好きな音楽 いきものがかり BUMP OF CHICKEN サカナクション
好きなタイプ 包容力がある優しい人
ほしいもの 時間
ひとこと これからも楽しく剣道続けていきたいです。

 

長野愛 Nagano Ai

nagano

「オールミルク、パウダー多め、シロップをホワイトモカに変更」

この呪文の意味が分かる者は、必ずや彼女の親友になれるだろう。

これは、スターバックスの人気メニュー・抹茶ティーラテのカスタマイズである。筆者はスタバに疎いのでカスタマイズの概念がよく分からないのだが、ラーメン屋で言うところの「麺固め、味濃いめ」のようなものらしい。

彼女はスタバを本当に愛していて、スタバのためだけに吉祥寺まで出向き、お洒落な店内で1人至福の時を過ごす。

・・・と言うのは過去のお話。

度重なるスタバでの散財は確実に彼女の懐を蝕み、ついに長野基金は財政難に陥った。

彼女はギリシャの剣道家と友だちだが、皮肉にもギリシャと同じ運命を辿ってしまったのである。

しかし、筆者は先輩として擁護したいのだが、彼女は大変な努力家である。

彼女は長野基金を立て直すために3つものバイトを掛け持ちしながら、学問も怠ることなく、しっかり単位を回収している。

専攻はアラビア語だが、高校時代にオーストラリア留学を経験しているため高度な英語力を有し、留学生の面倒も見てくれる。

何より彼女は剣道が非常に強い。

小さな身体からは想像できないくらい剣風はアグレッシヴで、その素早さは野山を駆けるウサギを彷彿させる。

また彼女は「マトマトの実」の能力者で、出小手はほぼ百発百中である。

そんな彼女は、実は剣道一のポンコツなのだが、彼女の名誉のためにここでは触れないことにする。

生態系がポンコツでも剣道の腕は一流。

だから、出小手が苦手な君はぜひ彼女に弟子入りするといい。きっと親切に分かりやすく指導してくれる。

その際には、授業料としてカップ一杯の抹茶ティーラテをお忘れなく。

もちろんカスタマイズは

「オールミルク、パウダー多め、シロップをホワイトモカに変更」

剣道歴 10年
趣味 木曽路でバイト、ねこと遊ぶ、笑うこと
座右の銘 みんな違って、みんないい。 ????? ???
座右の書 伝える極意(長井鞠子)
特技 しゃぶしゃぶ炊き
好きな映画 The Notebook
好きな音楽 One Direction/Taylor Swift/the collective/the fox
好きなタイプ おもしろくて、あんまり怒らない人。
ほしいもの 時間、大きなオーブン、身長あと5cmくらい
ひとこと 心の声が口に出てしまうこと、それから、部内の某アメリカ人留学生や某韓国人留学生よりも日本語が下手と言われることが悩みです。

 

 

伊藤亜由美 Ito Ayumi

天下のお嬢様学校・豊島岡からやって来た彼女は、その経歴に恥じない教養と礼儀正しさを兼ね備える。

まず第一に彼女は勉強に熱心であり、1年の夏休みにはミャンマーでしっかりとビルマ語を勉強してきた。「今年の夏休みは一切勉強しなかった」と豪語している筆者の同期のK川にも見習って欲しいものだ。

次に、彼女はとて優しい。誰にでも分け隔てなく接し、ホクホクと笑っている。A部の鬼のようにつまらない一発ギャグに反応してあげるなど、気配りもでき面倒見も良い。

そして彼女の最大の特技は何と言っても裁縫だろう。

彼女の母校では毎朝、なみ縫いを課されるという風習があるらしく、お嬢様同士、切磋琢磨して培われたテクニックは天下一品である。

最近では、上級生のボロボロになった袴を修繕することによって小遣いを稼いでいるらしい。

このように彼女はポテンシャルが高いが、あまりに天然な言動が災いしてポンコツ扱いされることの方が多い。

しかし、筆者が思うに、彼女がポンコツなのは彼女の才女っぷりに嫉妬した妖怪のせいである。

妖怪退治ができる者はぜひ道場に来て欲しい。

なお、勇者のように勇ましく、山田孝之のようなイケメンが望ましい。

 

剣道歴 なし
趣味 うたってること
座右の銘 あせらずたゆまずおこたらず
座右の書 まだ見つかっておりません
特技 ひざの関節の音を出すこと、食べられること
好きな映画 天使にラブソングを、崖の上のポニョ、トイ・ストーリー
好きな音楽 いきものがり、合唱、ミュージカル
好きなタイプ おもったことがいえるひと
ほしいもの イヤホン
ひとこと とりあえずやることは全力でやりたいとおもいます!!!よろしくおねがいします。

 

 

井土川マリナ Idogawa Marina

idogawa.png

まず外見で彼女が18歳であると見抜ける者はいないだろう。見た目年齢はだいたい20代中頃。初対面の者はだいたい彼女をキャビンアテンダントと思い違えてしまう。
まあ要するにキレイ系美女である。
剣道部と外語祭実行委員会を持ち前のストイックさで両立させ、英語も堪能、おまけに専攻語のドイツ語の勉強にもぬかりがない。
しかし、そんな姿に惑わされてはいけない。剣道部で、「パッと見」と「中身」のギャップが一番激しい人物、それが井土川マリナなのである。中身は小学生男子と何ら変わりはない。
とにかく落ち着きがなく、ヒマさえあれば反復横跳びをしつづけている。ソーラン節を踊っている姿を目撃した部員からの報告も入っているが、何故踊っていたのか、そして何を思ってソーラン節をチョイスしたのかは依然として謎である。
きっと立ち止まっているということが苦手なのだろう。

 

剣道歴 0?2年
趣味 でかける、おいしいものをたべる・つくる、体を動かす、動物を愛でる
座右の銘 私は賢さからくる無関心よりは、熱中した馬鹿さかげんのほうが好きだ。
座右の書 オーデュボンの祈り
特技 おいしそうに食べること、二重跳び
好きな映画 New Year’s Eve
好きな音楽 Bruno Mars / Katy Perry / Seasons of love
好きなタイプ 自分をしっかり持ってるがんばりやさん
ほしいもの 自分をあともう2人
ひとこと あわてんぼうでいつもピンチに見舞われるも、周りの方に支えて頂いて(本当にありがとうございます)、生きながらえています。

 

 

沖田和恵 Okita Kazue

Okita

方言とは不思議なもので、女の子が使うとその魅力は倍増する。

なお、これは筆者の個人的な感想という訳ではない。世の男子の普遍的な心理である。

そして、剣道部一の方言使いがこの沖田だ。

「じゃけぇ」「よのぉ」「じゃろぉ?」など、広島弁は少々乱暴に聞こえると言われているが、彼女のそれは非常にエレガントである。

もしこの文章を読んでいる男の子の中で、方言萌の子がいるならぜひ部室に来て欲しい。後悔はさせない。

彼女は一見すると少々チャラいが、非常に性格が良く、ストイックである。

高校時代にバレーボールで鍛えた手首は強靭で、大学で剣道を始めた初心者ながら強烈な面を放つことができる。

部活が始まるまでは部室でポルトガル語を勉強して、練習中は稽古に集中し、稽古後は得意のトークで部員を楽しませる。まさに運動部の鑑である。

このようにハイスペックな広島弁スターは、上級生の先輩に「先輩って友だち少ないんですよね?」と笑顔で聞くなど、入部初期は危うくポンコツの烙印を押もされるところだったが、今のとこ ろ2年生の中では比較的「まともな」ポジションに収まっている。

これからも慢心することなく、道を踏み外さないように頑張って欲しい。

 

剣道歴 0年
趣味 球技、映画、ラジオ、楽しいこと
座右の銘 外柔内剛
座右の書 これから見つかるはずです。
特技 ちょっと球技、これからポルトガル語
好きな映画 レオン、プラダを着た悪魔、宇宙兄弟
好きな音楽 少女時代、森高千里、sting、Olivia Newton-John
好きなタイプ 心がとんでもなく広くて何かしらのやる気がある人
ほしいもの 時間、凄まじい体力と精神力
ひとこと なんやかんやを頑張ります。実りある毎日を送れますように!

 

張山萌恵 Hariyama Moe

Hariyama

剣道部お母さん三銃士の一角を担う彼女は名実共に最強のお母さんだ。

彼女がお母さんポジションに就いたのは、文化祭の料理店でお菓子を作っている姿が非常にお母さんっぽかったからである。正直、本当にただそれだけの理由なのだが、それでも彼女はお母さんなのだ。誰が何と言っても、お母さんなのである。

また彼女は2年生の中で一番まともである。

この場合のまとも、とは「つまらない」という意味ではない。彼女の代は手のつけられないポンコツがひしめいているので、その中でまともと見なされるのは極めて名誉あることなのだ。

個性豊かな同期達に振り回される様を見る度に筆者は彼女のことを哀れに思う。

しかし、その姿は子供達の世話をするお母さんそのものであり、皮肉にも彼女のお母さん度を向上させるのに一役買っている。

そんな彼女は筆者も含む何人かで開催したインドネシア剣道ツアーでジャカルタに行った時、現地人に鬼のようにモテていた。異文化に生きる彼らにも、彼女のお母さん感が分かったのだろう。

幸か不幸か彼女は奥ゆかしいので進展は無かったが、お母さんにもたまにはロマンスが必要だ。

古き良き大和撫子の魅力を持つ彼女を、筆者はぜひ世界中の人々に紹介したい。

剣道歴 中学三年間(ほぼ初心者)
趣味 ギター
座右の銘 Today is the first day of the rest of my life.
座右の書 読書しません。
特技 ゆっくり喋ること
好きな映画 トイ・ストーリー
好きな音楽 Bruno Mars / Katy Perry
好きなタイプ おおらかな人
ほしいもの 体力と瞬発力
ひとこと マイペースに頑張ります!

 

朴智宇 Park JeeWoo

Paku

人間は年齢を重ねる毎に成長しなければならず、小学生でもないのにファンシーなグッズで身を固めていたら一般に「あざとい奴」の烙印を押される。一方、20歳を過ぎてもなお、このような行為が認められているのは、我らが剣道部のマスコットキャラクター・ジウである。なぜなら彼女な抜群に「かわいい」のだ。何をしても許される奴というのは、まさに彼女のことである。考えて欲しい。女子大生がリラックマの被り物をしていたら九分九厘、「イタい子」の烙印を押されるだろう。

だが彼女は違う。彼女がファンシーな被り物をすると部室には「ポンコツ」の烙印を押された女子部員の黄色い悲鳴がこだまする。

その可愛いさは破壊的であり、「暴君」の烙印を押されたJ井ですら、「ジウ先輩はまじ可愛いっす!ジウ先輩なら何しても許します!」と大興奮だ。

また、彼女には兵役に就いているボーイレンドがおり、時おり部員の前で電話しては涙する。ただでさえ可愛い彼女に女のメインウェポンが加わるのだから、その破壊力は甚大であり、チェ・ジウや少女時代ですら彼女の前では無力である。

筆者はほとんどの部員の他己紹介を担当するにあたり、その部員のポンコツなファクターを書き出すうに努力し、ネタ的要素が強くなるように尽力してきた。

しかし、彼女にはおおよそネタにできるような要素がなく、このまま書き続けても無限に彼女を褒め称えるだけになる気がするので、そろそろ筆を置くことにしよう。

ちなみに、この紹介文を読んで筆者に「ロリコン」の烙印を押す輩には100本切り返しを課すので注意するように。

 

剣道歴 1年
趣味 ネイルアート・コンピューターで絵を描くこと・ゲーム
座右の銘 今を楽しもう
座右の書 まだありません
特技 ネイルアート・縄跳び
好きな映画 V for Vendetta、 Burlesque
好きな音楽 ミュージカル”Romeo et Juliette”の曲
好きなタイプ 一緒にいる時居心地のいい人
ほしいもの 体力、優れた判断力
ひとこと 諦めずに頑張ります。ファイト!!

 

 

Husein Sadiku

fullsizerender-2

剣道部一のジェントルマン。さすが、ジェントルマン。エレベーターを出るときなど、絶対に女子部員を先に出す。レディファーストを徹底している。
にこっとした笑顔は女子部員を虜にする。みんな大好きフセイン。が合言葉です。これを言わないと、部室には入れません。
こんな優しい笑顔だからといって、だまされてはいけない。彼は、大変博識なのである。彼は、語学のプロである。アルバニア語、セルビア語、ロシア語、トルコ語、ドイツ語、アラビア語、日本語、英語…世界中の言語を話せるようになるのも、時間の問題である。大学院の勉強にも熱心に取り組んでいるようだ。
フセインの本当のすごさは、博識さではない。フセインは、博識さを手に入れて終わりではないのだ。経験。そう、彼は人生経験が豊富なのだ。コソボ紛争のまっただ中での通訳の仕事、など数々の修羅場をくぐり抜けてきている。彼は数々の修羅場をくぐり抜ける時、剣道を始めとした日本の武道のスキルを全面に出すらしい。そしてこのことこそ、初心者でありながら剣道が妙に上手であることの理由なのである。
こんな最強フセインだが、悩みもあるらしい。その悩みとは、日本のライフスタイルが早いこと。Life in japan is fast but I’m not giving upが口癖なのだ。フセインの優しくてゆったりした感じが、日本の慌ただしい生活の中で消えてしまうのは、筆者としては少し寂しい気がするのだが。…がんばれ、フセイン!

剣道歴
趣味
座右の銘
座右の書
特技
好きな映画
好きな音楽
好きなタイプ
ほしいもの
ひとこと